内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

               

NEWS

2018年03月のお知らせ一覧

揃いました。

ブログ 2018.03.26(月)

皆様、こんにちは。

 

本日はちょっと遅い話題なのですが、せっかくいただいたので、

弊社のホワイトデーイベントの結果を紹介させていただきます。

 

先月 14 日付近のラジオでは、

「私は職場で女性一人なので、男性社員に渡すか渡さないかで悩んでいます」

という話題に花が咲いていました。

湯淺も職場では女性一人の立場ですので、日頃のお礼を兼ねてご用意させていただいた結果、

先週、ホワイトデーのお返しがすべて揃いました!(笑)

 

「今年だけだからね」と、お言葉に甘えて欲しいものを 5 つ挙げさせていただき、

” 地獄のあみだくじ ” が開催されましてw

 

スタッフで頂き物を分ける時に、” あみだくじ ” はよく弊社で行っている分配方法なのですが、

恐縮しながらも欲しいものを言い切る自分がすごいと思いました(/ω\)

 

そして先週、ついにすべてが揃いまして。

 

想像していたよりもずっと良いものをいただいてしまいましたので、

感謝の気持ちを忘れないように、ブログに残させていただきます。

前からずっと欲しいけど買いづらいものばかりでしたので、本当に嬉しいです!

 

ステキなホワイトデーになりましたので、お仕事で少しでも恩返しできればと、

本日も受付でやる気になっている、湯淺でございます。。

富士山と言えば。

ブログ 2018.03.20(火)

皆様、こんにちは。

 

太陽光の現場調査に向かう途中、ステキな富士山が見えたとのことで、写真が届きました。

富士山 の体の部分が空と同化していて、浮かんでいるような、はるか遠くに存在しているような・・・

まさに 霊峰 を捉えた一枚になっています!

(画像だと、少し見えづらくて恐縮ですが。。)

富士山は縁起物とのことなので、皆様にも良いことがありますように☆彡

 

富士山といえば、湯淺も最近は月 1 くらいで、お休みの日にふらっと

富士山近くまでドライブに行っているのですが、最近のお気に入りは ” 道の駅  富士吉田 ” です(#^.^#)

 

うどんを食べたときの写真なのですが、コップは逆さ富士、コロッケは赤富士といったところでしょうかw

富士山には登ったことがないので、食べ物で楽しんでいます。

 

 

同道の駅に売っている、” 馬飼野牧場(まかいのぼくじょう)” さんの「レモン Milk 」も

飲むレアチーズケーキみたいで、お気に入りです!

よくみたら、黄色い富士山が書かれていたんですね(笑)

 

富士山の周りでウロウロしていると、道路に置かれてるカラーコーンも富士山になっていたりするので、

お近くまで行かれた際に、探す楽しみにしていただければ幸いです(/・ω・)/

 

 

さて、太陽光発電のご相談は千葉県以外の土地でも対応可能なので、

何かありましたら、お気軽にお問い合わせください‼

お待ちしております^^

床鳴り。

ブログ 2018.03.14(水)

皆様、こんにちは。

 

施工中の現場から、日々 施工写真が送られてくるのですが、

本日は ” 床鳴り ” を直す工事の写真が入ってきました。

収縮や膨張によりフローリングの接合部分が原因で床鳴りがするケースもございますが、

今回は別のケースでしたので、ご紹介いたします。

 

現在、内装のリフォーム工事をさせていただいているお宅です。

カーペットからフローリングに変更しているところなので、床下地板が剥き出しになっています。

そこで、床の下地板に丸ノコを入れていきます。

 

長方形にくり抜きました。

写真を横方向に通っている太い木部が ” 大引き ” で、縦方向に伸びているのが ” 根太 ” です。

 

 

今回は ” 下地板 ” の経年乾燥によるたわみが原因での床鳴りでしたので、下地板の裏側に補強を入れ、

下地板のしなりを軽減させることによって床鳴りを防ぐ工法をとりました。

 

蓋をして、ビスで留めて完了です。

この後、フローリングを張っていきます。

 

日本での床は木材で作られていることが多いのですが、四季があり、多湿の為、

経年によって床鳴りが発生することが多く見受けられます。

古くは「鶯貼り(うぐいすばり)」などの鳴ることを前提とした床づくり等、

「床が鳴ること自体」を危険探知に用いたり、音を楽しむ趣向があったようですが、

今ではそのような造りをするところは珍しいようです。

(実際、毎日歩く床がずっと鳴っていたら、煩わしいというか、少し不安になりますね。。)

 

床は、お家の中で最も変化に気付きやすい部位とも言われています。

床鳴りの原因は様々で、リフォームの際には床鳴りのしづらい床材をお選びいただくこともできますので、

お家の床が気になる方や、お困りの方はご相談ください^^

雨漏り調査と傘。

ブログ 2018.03.09(金)

※ 余談を記載いたしますので、雨漏りでお急ぎの方は、下方までスクロールにて進んでください。

 

皆様、こんにちは。

 

本日は雨天のため、アンサー号を見に来てくれたお子さんたちも、

色とりどりの傘を差していたり、カッパを着ていて、なんとも可愛らしい姿にほっこりしております。

雨のうたと言えば、「雨雨ふれふれ♪」の曲が一番に思いつきまして。

インターネットで候補が出てきたのは「母さんが」と、「もっと降れ」でした。

湯淺は後者の方がしっくりきています(笑)。

 

そういえばと思い、意味もわからず歌っていた ” あめふり ” という童謡を調べてみると、

5 番まであったんですね!?

中でも何気なく歌っていた ” じゃのめ ” という言葉をあまり理解していなかったのですが、

今では高級傘になってしまった和傘の一種とのこと。

和傘=番傘 と思っていたのでおもしろくなり、そもそも傘ってどのくらい前から使用されているのだろうと

思ったら、世界ではすでに 4,000 年ほど前から傘が使われているそうなんですね Σ(・ω・ノ)ノ!

主に神事で用いられたり、お偉い様方のものだったそうなので、雨傘としての使用方法とは違いますけれど、

日本では、中国の天蓋(てんがい)が伝来して、その輸入品を ” きぬがさ ” (衣笠・絹笠)と呼んだそうです。

その頃の日本で使用されていた ” 笠 ” の字が充てられているのも興味深いです。

伝来後、室町時代には開閉できるように改良されたとのことで、

昔の人の努力が身近に受け継がれていると思うと、感慨深いものです。。

 

 

さて、雨の日は好きですが、建物を専門にしている立場としましては喜んでばかりはいられません。

漏水を気にされるお客様もいらっしゃいますので、その場合にはアンサーにご相談ください。

 

 ※ 拡大表示は こちら から。

 

雨漏りは、その時の雨量や風雨の向きにより影響も違いますので、長年気付かれないケースもございます。

少しでも気になる点やご不安な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしております^^

初めての実感に、興奮しております。

ブログ 2018.03.05(月)

皆様、こんにちは。

 

本日は梅雨のような湿度の高さに、湯淺は正直びっくりしておりますが、

社内の植物たちは、少し喜んでいるような気がします。

弊社の屋内にいる観葉植物たちは、

・フィカス・ウンベラータ

・パキラ

・ドラセナ・コンシンネ

・モンステラ

といった高温多湿を好むものが多いようなので、夏が待ち遠しいのではないでしょうか^^

 

さて、胡蝶蘭もおりまして。

初めて胡蝶蘭を育ててみようと約 1 ヶ月。

本日はこんなに立派になったのかと、やっと植え替えが適正にできている実感が湧いてきました。

 

<本日>

 

どうですか、以前より少し…いえ、確実に伸びてきているのです!!

 

<以前>

 

以前の写真と比べてみると、こんなにも伸びてくれたのかと。。

つぼみらしきものも確認できます(/ω\) キャー!

 

そろそろ他の植物も植え替えが必要になってきましたので、お店が緑で活気付くように、

これからも手をかけて、どの子もすくすく育ってくれると良いなぁ、と祈っております。。

 

これからの時期、ご自宅の湿気や結露のお悩みについてのご相談もお待ちしております(‘◇’)ゞ

お茶は深い。。

ブログ 2018.03.01(木)

皆様、こんにちは。

 

太陽光部門の 大橋 が外出から戻って早々、何やらいただいてきたようで。

 

メーカーさんよりいただいたお品とのことで、大きさにまずびっくりしました(◎_◎)!?

縦横ともに 30 cm 以上ありまして…

 

 

開いてみると一見 お菓子に見えたのですが、、、お茶だそうです!

箱に「大紅袍」と記載されていたので軽く調べてみますと、

福建省武夷山で作られる半発酵茶 ” 武夷岩茶 ” の一つで、

” 中国茶の最高峰 ” や ” 幻の岩茶 ” と呼ばれる有名なお茶なんだそうです(゚д゚)!

確かに ” 武夷岩茶 ” と袋に書いてあります。。

 

そ、そこまですごいお茶なのかッ・・・ヾ(゚Д゚;)ノシ

 

驚愕した勢いでいろいろ調べてみましたら、

 

・この茶葉が採れるお茶の樹は武夷山の岩肌にたった数本のみ

・樹齢 350 年以上と云われる

・稀少なお茶で、20 グラム約 250 万円の値がついた

・2006 年にこの数本の貴重なお茶の樹を守るため、製茶が止められた

武夷山で次世代の繁殖がなされた

 

と書いてありました。

今回いただきましたお茶葉は、おそらく次世代のお茶の樹から採られたものかと存じますが、

それにしても、とっても歴史のあるお茶なんですね(; ・`д・´)

湯淺は急須で普通に淹れてしまいましたが、もっと深くお茶のことを知って、

美味しいお茶が淹れられるようになりたいなぁ、と勉強になりました。

 

 

ちなみに、本日よりネスレの紅茶も飲めるようになりました!

いろんなお茶を飲めるアンサーになりましたので(笑)、皆様どうぞ遊びにいらっしゃってください^^

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休