内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

               
UNIT-BUS
HOME > 建築コラム > ユニットバス・浴室リフォーム > リフォームのプロが教えるお風呂・ユニットバスの簡単な掃除の方法

リフォームのプロが教えるお風呂・ユニットバスの簡単な掃除の方法

 

 

 

気をぬくとついつい汚れてしまう、カビが生えてしまうお風呂。快適な時間を過ごす場所なので、常に綺麗な状態を保っておきたいですよね。

今回は、リフォームに長年携わるプロの目線で、お風呂・ユニットバスの簡単な掃除方法をお伝えします。

 

実は掃除方法をしっかり学んだことがないかも…というあなたも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 


コラムのポイント

・お風呂にはカビや石鹸カス、垢などの様々な汚れが溜まっています。ブラシや洗剤など一通りの掃除グッズは揃えておき、汚れや程度に合わせて掃除をしましょう。

・お風呂場は、『換気、浴室全体を水で濡らす、天井→壁→浴槽→床の順番で掃除をする、排水溝を掃除する、全体をお湯で流す』の順で掃除することで綺麗に保つことができます。

・お風呂に入った後、さっと浴室をお湯で洗い流すだけでも汚れは溜まりにくくなります。こまめにできることを毎日続けましょう。それでも綺麗を保てなくなったらリフォーム時です。いつでもお問い合わせください。


 

 

 

 

 

お風呂の主な汚れとは?

 

 

いつも頭を悩ませる、お風呂にたまる汚れ。この汚れは大きく4つに分けられます。

 

まずは『カビ』による汚れです。

お風呂の中はしっかりと換気をしていないと、常に高温多湿となってしまいます。温度が高く、石鹸のカスや皮脂などの豊富な栄養によって、カビはすくすくと成長します。カビは、定着して発芽し、成長した後再び胞子を飛ばす、という流れで成長します。一度生えてしまうと、取り除くことは困難を極めますので、生やさないような予防が大切です。

 

 

汚れその① ピンク汚れ


 お風呂でよく見かけるピンク色のヌルヌルとした滑り。この滑りの正体は、ロドトルラ(赤色酵母)という菌の一種です。

この汚れは比較的簡単に落とすことができます。大きく広がっていく前に、見かけたらすぐに掃除をしましょう。

 

 

汚れその② 黒カビ汚れ


 厄介なのが、この黒カビです。クロカワカビという菌の一種で、湿度の高い環境を好みます。ピンク汚れと同じ菌による汚れですが、お風呂の床や扉など、素材の奥まで根を張って奥深くまで入り込みます。

頑固な汚れですが、塩素系漂白剤を使って落とすことができます。スプレーで吹きかけるのも良いですが、重曹と混ぜて泥パックのようにして使うと、カビを根絶やしにすることができます。

 

 

そして、『カビ』以外にもいくつか汚れがあります。

 

 

汚れその③ 水垢や石鹸カス


使用年月が過ぎるとともに曇ってくるのが鏡です。この鏡に着く鱗状のものは、水垢です。水垢は、水分が蒸発する時に水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムのうちミネラル分だけが残って蓄積されたもののことをいいます。 また、石鹸カスも気になる汚れでしょう。石鹸カスは、石鹸のカスというわけではなく、体の脂肪分やシャンプーなどが水道水と混ざり合うことによってできたものです。 

どちらの汚れも、クエン酸などの酸性によって落とすことができます。

 

 

汚れその④ 垢や皮脂汚れ


 だんだんと浴室全体が黒ずんでくるのは、垢や皮脂汚れによるものです。これらは、皮脂が蓄積されたことによって起こります。

 

皮脂自体は酸性なので、重曹などのアルカリ性によって落とすことができます。

 

 

 

 

 

オススメの掃除グッズ

 

お風呂掃除のためには、以下のグッズを常備しておくようにしましょう。

 

・中性洗剤

・塩素系漂白剤

・クエン酸

・重曹

・スポンジ

・ブラシ、歯ブラシ

 

 

クエン酸や重曹は、お風呂場だけでなくキッチン掃除にも使えるので、重宝します。頻繁に中性洗剤や塩素系漂白剤のような強い洗剤を使っていると、浴室やタイルなどの素材を傷めてしまいます。日常的なお手入れには重曹やクエン酸のような刺激の弱いものを使うようにしましょう。

 

*クエン酸は、塩素系漂白剤と一緒に使うと、有毒ガスが発生します。非常に危険なので、一緒に使用しないようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

お風呂・ユニットバスのお掃除方法

 

 

お風呂・ユニットバスは次のような順番でお掃除をするのが、効率よく進めるポイントです。

 

⒈ 換気

⒉ 浴室全体を水で濡らす

⒊ 天井→壁→浴槽→床の順番で掃除をする

⒋ 排水溝を掃除する

⒌ 全体をお湯で流す

 

では、順番に詳しく見てみましょう。

 

 

⒈ 換気


 まずは窓を開ける、換気扇を回すといった方法で換気を行います。密室空間での塩素系洗剤の使用は非常に危険です。掃除をする環境を、しっかりと整えましょう。

 

⒉ 浴室全体をお湯で濡らす


 浴室全体にお湯をかけることで、汚れを浮かすことができます。汚れが浮くことで、力を入れなくても汚れを落としやすくなります。

 

 

⒊ 天井→壁→浴槽→床の順番で掃除をする


掃除は上から行います。

天井の汚れを落とし、壁、浴槽、床をそれぞれ掃除します。

壁や浴槽には、水垢などのアルカリ性汚れと皮脂がこびりついた酸性の汚れが混在しています。塩素系漂白剤を使って、根元から汚れをしっかりと取り除きましょう。

 

石鹸カスからなるこびりついた汚れは、アルカリ性です。酸性の洗剤で汚れを落としましょう。

 

 

⒋ 排水溝を掃除する


 排水溝は汚れがたまりやすい部分です。トラップなどを外し、髪の毛を取り除き、中性洗剤とブラシで細かい部分まで汚れを落としましょう。ヌメリ、カビがひどい場合、排水管用のジェルや粉末で集中的に掃除をします。

 

 

⒌ 全体をお湯で流す 


最後にお風呂全体にお湯をかけます。お湯をかけた部分は蒸発し乾きが早くなるので、水をかけるよりもおススメです。

 

 

 

一度掃除をサボってしまうと、どんどん汚れは溜まっていきます。またカビもすぐに生えてしまいます。

お風呂掃除は毎日するのが理想ですが、時間を作って続けるのは難しいもの。お風呂に入った後にさっと浴室全体をお湯で流す、排水溝に溜まった髪の毛を取り除く、スクイーザーで水気を取る、というだけでも大きな効果がります。

 

掃除が終わってからも、しばらく換気は続けて常に空気を入れ替えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

汚れをためないためにできること

 

 

お風億劫なお風呂の掃除も、いくつか工夫をすることで回数を減らすことができます。

 

浴室のものを減らす 


浴室にあるものを減らすことで、掃除の手間を省くことができます。たくさんのものを避けて、掃除をして、また戻して…を繰り返すのはとても大変です。使っていないシャンプーやリンス、お風呂グッズは処分しましょう。

また、使うときだけ浴室に持ち込むようにすることで、掃除の手間をさらに減らすことができます。

 

接する部分を減らす


 シャンプーの底やお風呂グッズの床に接する部分は、常に風通しが悪く水気と接しているため、ヌメリやピンク汚れがつきやすくなります。床に接する部分が少ないラックにまとめて収納したり、吊して収納したりすると良いでしょう。

 

 

お風呂の後にながら掃除


お風呂に入った直後は、汚れがこびりついていないため最も掃除がしやすい時です。この時に、さっとお湯で浴室全体を流すだけで汚れの定着度合いが変わってきます。洗剤やスポンジを使った掃除は出来なくても、お湯で流すだけであれば時間がなくてもできます。小さな積み重ねが後の結果を大きく変えるので、続けていきましょう。

 

 

 

できることを続けて綺麗をキープ!

 

 

正しい掃除の手順を覚えてしまえば、常に生活なお風呂をキープすることができます。汚れを溜めないためにも、こまめにできることをルーティーン化して掃除の手間を減らしていきましょう。

 

『長年積もり積もったカビや黒ずみ、汚れがもう落ちない』『汚れが溜まった場所から腐食が進んでいる』『掃除しても綺麗にならない、もうどうにもならない』という場合はリフォーム時かもしれません。

時期や価格についてご相談にのりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

2019.09.07(土)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休