内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

               
UNIT-BUS
HOME > 建築コラム > ユニットバス・浴室リフォーム > 【ユニットバスのリフォーム】費用の相場と工事の流れ

【ユニットバスのリフォーム】費用の相場と工事の流れ

 

 

 

 

我が家もそろそろ…と思いつつも、最初の一歩が踏み出せずにいるユニットバスのリフォーム。踏み出せない原因は、『いくらかかるかわからないから』、ではありませんか?どのくらいの費用がかかるのかが最初にわかれば、資金や工事の計画を立てて進めていきやすくなります。

 

今回は、ユニットバスのリフォームの必要性と、かかる費用、リフォームの流れをまとめてご紹介します。

 

 


コラムのポイント

・ユニットバスとは、工場内で浴槽や天井、壁、床などのパーツごとに製造されたものを現場で組み立てて設置したもののことです。

・ヒビやカビ、水が流れにくいなどの症状があればリフォームを行いましょう。工事内容にもよりますが、費用相場は約50~150万円です。

・お問い合わせから施工、完成までの流れを知っておくと、スムーズにユニットバスリフォームを進めていくことができます。

 


 

 

実は多くのご家庭がユニットバスを使用

お風呂とトイレが一緒になったワンルームでよくみるタイプ…とは違うから我が家はユニットバスではないよ、とおっしゃる方も多いかもしれません。

ユニットバスとは、工場内で浴槽や天井、壁、床などのパーツごとに製造されたものを現場で組み立てて設置したものです。サイズやオプションが自分好みに選択できるもののことを示すため、実はご自宅もユニットバスかもしれません。

ユニットバスは防水性がとても高く、水漏れのリスクが少ない作りです。また、工場で作られたパーツを使うので、品質が一定に保たれています。かつて多く見られたタイル張りのお風呂の場合、職人による品質の差がどうしても生じていましたが、ユニットバスではそういった心配もありません。

また、タイルを貼ったり防水工事を現場で行ったりする必要がないため、工期、人件費ともに抑えることができます。

 

 

 

 

 

 

ユニットバスのリフォームはなぜ必要?          

 

お風呂場は、ただ汚れを落とすだけではなく毎日の疲れを癒してくれる、なくてはならない場所です。お風呂や温泉、という文化が根付いてきた日本だからこそ、その重要性を理解している方は多いのではないでしょうか。

 

浴室内や浴槽に、ヒビやカビがある…

水が流れにくい…

脱衣所の床が痛んでいる…

 

このような症状がお風呂場にあると、ゆっくりとくつろいで癒されることができなくなり、大切な時間を過ごしにくくなってしまいます。これらの症状が見られ始めたら、そろそろリフォームを検討する時期かもしれません。

 

長年お風呂を使うことで発生するカビや床材の劣化やシロアリ被害などは、家庭でのケアには限界があります。また、劣化が進んだお風呂場は温度を一定に保つことができず、ヒートショックを引き起こす可能性もあります。ヒートショックによる事故は多発しており、想像している以上に身近なものです。

 

快適なお風呂時間を過ごすためにも、避けられる事故を避けるためにも、少しでも頭をよぎったら浴室リフォームを行いましょう。

 

 

 

 

 

ユニットバスのリフォームにかかる費用

 

とはいえ、実際にリフォームにどのくらい費用がかかるのでしょうか。内容にもよりますが、ユニットバスのリフォーム費用の相場は約50~150万円です。大きく開きがあるように感じるかもしれませんが、これはお風呂場の状況によって必要な工事が変わってくるためです。

100万円ほどの予算を組んでいたとしても、劣化や損傷が激しかったり、カビが奥深くまで根付いていたりした場合、想定以上の工事が必要になります。

 

また、ユニットバス本体の費用だけでなく、必要な工事の工程や日数、工事にかかる人件費、現存のお風呂の撤去と処分費用など、多くの要因によって価格は変わってきます。

 

 

 

【費用の内訳】部分的な浴室リフォーム

 

床だけ、浴室だけ、といった部分的なリフォームの場合、費用は以下のようになります。

 

浴槽交換                1050万円

浴室塗装                1020万円

パネル工法            1020万円

床シート貼り        410万円

浴室ドア交換        310万円

浴室塗装     約1020万円

パネル工法    約1020万円

床シート貼り   約410万円

 

施工業者や、選ぶ素材によって価格は変わってきます。

 

 

【費用の内訳】ユニットバス全体の浴室リフォーム

 

ユニットバスのリフォーム全体にかかる費用の内訳は、以下のようになります。

 

 

・ユニットバス本体の価格


 ユニットバスそのものの価格は、壁パネルの素材やデザイン性、浴槽や床材の防汚技術など、細部にこだわることによって変わってきます。色味や素材は、入浴タイムを快適にする重要なポイントなので、予算と相談しながらこだわって選ぶといいですね。

 

ユニットバスの入替            50150万円

 

 

・設置にかかる工事費用


 元々ユニットバスだったものを、新しくユニットバスに変更するのであればそこまで多くの費用はかかりません。しかし、タイル張りの浴槽のように、昔ながらの工法で作られたお風呂をユニットバスに変更する場合、解体処分などを行う為費用がかかります。

 

 

・オプションにかかる工事費用


 従来備わっていなかった設備を新たに加える場合、新たな工事が必要になる場合があります。浴室乾燥機や床暖房を新たに設置する場合などがこれに当たります。

 

 

どのようなリフォームを施すか、どこにこだわるかによって費用は変わってきます。あくまで目安ですが、これらの費用を参考にユニットバスのリフォーム計画を立てていきましょう。

 

 

 

 

 

ユニットバスリフォームの流れ

 

いざ、ユニットバスのリフォームを行うという時でも、流れを知っておくとスムーズに進めていくことができます。

 

 

 

1 まずは問い合わせ 

見積もり費用や工期など、初めてであればわからないことだらけなのがユニットバスリフォームです。まずは電話やメールフォームから問い合わせてみましょう。ちょっと困っている内容からユニットバス全体のリフォームまで、相談してみることで解決することはたくさんあります。

 ↓

2 打ち合わせと現地調査

ユニットバスの現在の状態やどのようなリフォームを考えているか、時期やいつ頃を検討しているかなどをあらかじめ聞いた上で、打ち合わせを行います。実際に担当するスタッフが訪問した上で、ヒアリングや調査を行った後に計画を進めていきます。

 ↓

3 プランニングと見積もりをもとに打ち合わせ

ヒアリングや調査をもとに、初めて具体的なユニットバスリフォームの流れと見積もりがあがってきます。

その内容をもとに、どのようなリフォームを行うかを計画していきます。疑問点、不安な点はこの時点でしっかりと説明をしてもらいましょう。

一つの業者だけでなく、様々な業者の見積もりをもらい、しっかりと吟味、納得した上で進めていくようにすることが後悔しないためのポイントです。

  ↓

4 契約 

プランニングや見積もりに納得できた場合、契約を行います。ここから工期や工程の具体的な内容を詰めていきます。

  ↓

5 施工・完工・引き渡し 

ユニットバスリフォームが進行し、専門スタッフによるチェック後に晴れて工事完了、引き渡しとなります。

 

 

 

 

リフォームの流れを想定しておくと、あらかじめ計画を立てることができます。疑問を解消しておきたいことや、具体的な工期を把握しておき、後悔しないように進めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ユニットバスのリフォームで新たな生活のスタートを!

 

お風呂をリフォームすると、快適な環境の中で1日の汚れを落とし、疲れを癒し、さらに英気を養うことができます。

もちろん費用はかかりますが、費用には変えられない時間と環境が手に入ります。今回ご紹介した費用はあくまでも目安ですが、これからのリフォーム計画に役立ててみてくださいね。

 

 

当社は、責任を持ってリフォームをやり遂げるだけでなく、もちろんアフターフォローもしっかりと行っております。納得した上でリフォームを行っていただくためにも、お客様に寄り添ってご説明をさせていただきます。

ご質問やお見積りのご相談は、お気軽にお問あわせください。

 

 

2019.05.26(日)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休