内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

               
UNIT-BUS
HOME > 建築コラム > ユニットバス・浴室リフォーム > ユニットバスの耐用年数とは?寿命や交換のタイミングについて紹介

ユニットバスの耐用年数とは?寿命や交換のタイミングについて紹介

「ユニットバスの経費を計上する金額は耐用年数によって変わるけど、期間はどれくらいなの?」とお考えの方。経費を計算するときは、計算したり書類を管理したりで手がいっぱいですよね。

とはいえ、適当に計算して計上するわけにはいきません。正しい経費を上げるためにも、まずはユニットバスの耐用年数を確認する必要があります。

そこで今回の記事では、ユニットバスの耐用年数について詳しく解説します。これからユニットバスの経費を計算する方の参考になれば幸いです。

ユニットバスの耐用年数は

ユニットバスの耐用年数は、正しい期間は定められていません。ですが、ユニットバスの寿命は、15年~20年といわれています。そのため耐用年数は、浴槽を使い始めてから15年~20年が目安です。

つまり耐用年数は、ユニットバスの寿命をざっくりと計算したものとなります。

ユニットバスの減価償却と耐用年数の関係性

減価償却は、耐用年数によって均等に経費にすることです。耐用年数とは、資産が使われると考えられる年数です。

要するに、高価な資産を購入した年にすべて経費とするのではなく、その資産を利用する期間に分けて経費を計上することになります。

ユニットバスを交換する正しいタイミング

ユニットバスを交換するタイミングは、年数だけで判断するは少し危険です。ユニットバスを交換するタイミングを判断するには、

  • メンテナンスをしているか
  • 掃除してもカビがでてしまうか
  • キズ、ヒビ、サビはないか
  • 水の流れは悪くないか
  • 水漏れはしていないか

をチェックしてみましょう。当てはまる項目が多いほど、ユニットバスの寿命が近いです。では、それぞれ詳しく説明します。

メンテナンスをしているか

お風呂場のメンテナンスをしていますか?定期的なメンテナンスをしていない場合、老朽化が進んでいることが考えられます。メンテナンスとは、購入メーカーによる修繕作業を依頼することです。

もちろん、利用しているユニットバスによって利用できる年数に誤差はあります。一般的に寿命は15年~20年ですので、遅くても20年を目安に交換することをおすすめします。

掃除をしてもカビが発生する

掃除をしても壁にカビが発生する場合、状態によってはすぐに交換が必要になる可能性があります。浴室は、湿度が高いのでカビが発生しやすい場所です。湿気に気を使っていても、表面にキズがあるとカビが発生します。

そのため、ユニットバスを交換するタイミングの目安として、壁の状態を確認することをおすすめします。こまめに掃除をしていても取りきれないカビが多いのであれば、ユニットバスの交換を検討しましょう。

キズ、ヒビ、サビはないか

キズやヒビ、サビが目立つ部分はありませんか?そこを掃除したときに赤茶色の汚れが出てきたときはユニットバスを交換するタイミングといえます。

ユニットバスを取り付けるための金具にサビがある場合、もう少し時間が経つと壁に穴が開いてしまう可能性があります。そのため、できるだけ早い段階でユニットバスの交換をおすすめします。

水の流れは悪くないか

水の流れが悪くなったと感じることはありませんか?それは、排水口に取り付けてある「排水トラップ」が古くなっているのかもしれません。その結果、古くなったところから水が漏れることでユニットバスの内側が腐食してしまいます。

排水トラップを交換するタイミングで、ユニットバスを新しくすることも検討しましょう。

水漏れはしていないか

水漏れしている部分はありませんか?この場合、水栓器具が劣化していると考えられます。と同時に、ユニットバスの内側で水漏れが発生している可能性があります。

水栓器具を交換するときは、ユニットバスの内側まで確認してもらうよう依頼することをおすすめします。

ユニットバスの寿命を伸ばす方法

ユニットバスの寿命を伸ばすなら、手入れやメンテナンスをする時間を作ることをおすすめします。ユニットバスは、毎日使うもの。ほかの場所よりも汚れやすいのできれいな状態を維持するのは大変です。

できれば、今使っているユニットバスを長く使いたいと考える方もいらっしゃいますよね。また、新しくユニットバスを入れる時には寿命が延びるよう工夫したいと考えるのが一般的です。

ユニットバスの寿命を延ばすには手入れやメンテナンスをする必要があります。例えば

  • 掃除方法を工夫する
  • 排水口の手入れ
  • 湿度を下げる
  • コーキングする

などが挙げられます。それぞれ説明します。

掃除の方法を工夫する

掃除の方法を工夫することで、ユニットバスの寿命を延ばすことができます。シャンプーやせっけんの残り、洗い流した皮脂は、カビを成長させる栄養分です。カビの発生を防ぐために、ユニットバスの掃除を毎日しましょう。

例えば、お風呂に入った後に掃除をして水の拭き上げまですることで、カビの発生を最小限にすることが可能です。それと同時に、壁や天井についた水滴をきれいに拭き取ることで湿度が上がるのを防ぎやすくします。 

排水口の手入れ

こまめに排水口の手入れをしましょう。排水口には、排水トラップがあります。排水トラップとは、髪の毛やごみを集めるためのものです。

手入れをしないと溜まった髪の毛やごみが排水を妨げて、水が溜まりやすくなります。 それだけでなく、嫌な臭いの原因になります。

また、ひびが入った排水口に負荷がかかると、水が浸入してユニットバスが腐食する可能性が高いです。排水口をこまめに手入れすることで、ユニットバスの寿命を延ばしやすくします。

湿度を下げる

浴槽にお湯を溜めるときは、ふたを閉める習慣をつけてください。カビは、湿度が80%を超える場所で繁殖しやすいです。そのため、お湯を溜めたあとはふたを閉めることで湿度を抑えることができます。

また、お風呂に入った後は、浴槽の栓を抜くことでお風呂場の湿度を下げることにつながります。溜めたお湯だけでなく、壁の水滴を減らすことでカビが増えるのを防ぎやすくします。その結果、ユニットバスの寿命を延ばしやすくします。

コーキング

浴槽は、設置してから10年を過ぎるとコーキングが劣化します。コーキングとは、角やパネルのつなぎ目のことです。コーキングが劣化すると、隙間に水が入って腐食します。結果、カビや黒ずみの原因となります。

また、コーキングの劣化はシロアリの標的になる可能性が高いです。そうなると、壁や柱などを直す必要があり、高い費用がかかります。

これらを防ぐためにもお風呂に入るときや掃除をするときは、コーキングの状態を確認しましょう。

コーキングの作業は、市販のコーキング剤を使うことができますが、作業量が多いため業者に依頼するのがおすすめです。

ユニットバスの耐用年数を把握して正しい経費の計算を

今回の記事では、ユニットバスの耐用年数について紹介しました。耐用年数は、商品によって変わりますが、15年~20年を目安に考えるのが一般的です。

正しい経費の計算をして、管理をしやすい環境をつくりましょう。そのためにもまずは、ユニットバスを置く環境を見直して、寿命の目安を計算しやすくすることから始めるのをおすすめします。

2019.01.26(土)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休