内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

               
UNIT-BUS
HOME > 建築コラム > ユニットバス・浴室リフォーム > ユニットバスのリフォームを格安にする5つのポイント

ユニットバスのリフォームを格安にする5つのポイント

記事を見ている人「ユニットバスのリフォームを格安でしたい」と考えていますよね?ユニットバスのリフォームには、このようなイメージがありませんか?

「100万円ぐらいは用意しないとダメ」

「安い=悪徳業者と考えている」

オプションや浴槽にこだわれば、数百万円の費用は必要です。ユニットバスのリフォームは、ちょっとだけの工夫で格安にできます。記事では、以下のような5つのポイントをお伝えします。

  • 格安にできない6つの原因
  • 原因をクリアにする必要な6つの対策
  • マンション・一戸建てのリフォーム費用
  • リフォームにおける注意点
  • 良い業者の特徴

ユニットバスのリフォームが格安にならない6つの原因

「ユニットバスのリフォームをしたいけど、安くする方法を知らない」

ユニットバスを交換したことがない人は、こんな悩みがありませんか?ここでは、ユニットバスのリフォームが格安にならない6つの原因を紹介します。

浴槽の料金がわからない

ユニットバスのリフォームが格安にならない原因は、本体料金を知らないためです。ユニットバスの価格は、メーカー・グレード・モデル(製造年)によって違います。浴槽の相場を知らなければ、本体代金の節約はできません。

業者に任せすぎる

ユニットバスのリフォームが格安にならない原因は、業者に任せすぎている点です。業者に頼むと「大工さんなどの人件費」「設置費用」がかかります。

例えば、タイルの張替えや壁のデザインは、ホームセンターにある素材でdiyが可能です。自分で行う作業を知らないと、リフォームの費用は安くなりません。

リフォームの相場を知らない

ユニットバスのリフォームが格安にならないのは、工事の相場を知らないからです。相場がわからなければ、業者の見積もりを信じてしまうでしょう。

例えば、TOTOのユニットバスに「サザナ」という商品がありますが、タイプ・会社・坪数によって価格が違います。

ユニットバスをリフォームするときの相場を知らなければ、工事費を抑えられません。

1社だけの見積もり

ユニットバスのリフォームが格安にならないのは、見積もり数が少ないためです。1社の価格しかわからなければ、他社の費用と比べられませんよね?

相見積もりをしなければ、自分の選んだ業者が安いのかわかりません。

業者の価格差がないと思い込む

ユニットバスのリフォームが格安ならないのは、業者による価格差を知らないためです。

例えば、スーパーによって商品の値段が違いますよね?チラシを見ながら安いお店を探しますよね?

ユニットバスのリフォームでも、価格差を知らなければお金をムダにします。

ユニットバス=価格が同じ

ユニットバスのリフォームが格安にならないのは、ユニットバスの価格は同じと考えているからです。ユニットバスは、システムによって料金が変わります。

TOTOのサザナは、ハイグレードな「Fタイプ」と最低限のシステムが付いた「Nタイプ」では、約500,000円も価格差がありました。

【TOTOのロー・ハイグレードの価格】

タイプの名称 価格
Nタイプ 約750,000円
Fタイプ 約1,240,000円

「ユニットバスの費用は同じ」と考えていれば、工事費を格安にできません。

ユニットバスのリフォームを格安にする6つの方法

「リフォームが格安にならない原因を知っても、どうすればいいのかわからない」なんとなく疑問を持っている人もいるでしょう。

ここからは、ユニットバスのリフォームを格安で行う6つの方法を紹介します。

ユニットバスを格安で購入

ユニットバスのリフォームを安くするには、ユニットバスの価格を下げてください。

価格比較サイトなどを利用して、最安値のユニットバスを買いましょう。

【価格帯の安いユニットバス】

メーカー

商品名(サイズ)

価格(税込)

和合商事 エプロン付きバスタブ(150mm×72mm×42mm) 27,756~30,300円
和合商事 ステンレスフレームバスタブ(1300mm×670mm×700mm)

75,200~77,300円

(サイズによって料金が異なる)

和合商事

ジャグジータイプバスタブ(143mm×77㎜×62㎜)

103,700~111,996円
リクシル ユニットバスキュービック(810mm×1710mm×2070m) 128,300円
ハウステック

ユニットバスBP1116
(1260mm×1720mm×2440mm)

129,276円

27,756円~129,276円あれば、ユニットバスの本体は買えるでしょう。

安いユニットバスでも、シャワーヘッド・ドア・照明など最低限のシステムは付いているため、安心してくださいね。

紹介したユニットバスは、1016~1216(0.75坪/畳1枚)と小さいタイプです。

「子どもと一緒に入る」といったファミリーは、サイズの選び方を気を付けましょう。

できるところは「DIY」

ユニットバスのリフォームを格安で行うには、できるところはdiyをしましょう。

diyができれば、作業員の人件費もかかりません。例えば、以下のような作業は、diyでも対応できます。

【diyでできること】

作業名 必要な道具
鏡の張替え

【取り外し】

カッターナイフ・PPバンド・スクレーパー(ヘラ)・接着剤

【取り付け】

ミラーマット(ポリエチレンシート)・接着剤・変成シリコン(シリコンとは別/金額が高い)

床の張替え

【準備】

パテ・サンドペーパー(やすり)

【貼り付け】

カッティングシート・すのこ・お風呂用のシート

壁のリフォーム

パネル(軽量タイプ)・ジョイント部材(天井や壁に付ける)・タイル

ドアの交換

【取り付け前】

メジャー・トンカチ・ノコギリ(枠の調整)・やすり(カット後)・スクレーパー(ヘラ)・電動ドリル・

【取り付け時】

折戸(押して入る)・開き扉(ハンドル)・肩扉(左右へスライスして入る)

仕切りの設置 シャワーカーテン(ホームセンター/家具店で購入可)・ガラス樹脂

ユニットバスの入れ替え・断熱材の搬入・配線・配管の切り離し・給湯器の交換は、専門の業者に任せてください。

ユニットバスの寸法ミスがあれば、約2倍の費用がかかるでしょう。

ユニットバスのリフォーム費用を知る

ユニットバスのリフォームを格安でしたい人は、工事にかかる費用を学びましょう。一般的には、以下のような金額がかかります。

【ユニットバスのリフォーム費用】

作業名 料金
浴室の取り壊し 約30,000~40,000円
ユニットバスの組み立て 約100,000円
排水管の設置 約50,000円
配線の設置 約40,000円
ドアの補修 約50,000円
壁紙の張替え 約30,000円
廃棄物の処分費用 約30,000円

ユニットバスのランク・浴槽の大きさ・在来工法からユニットバスへの交換・オプションによって料金は変わります。

最低でも約30~40万円前後の費用がかかると考えてください。

複数の業者へ見積もりを

​ユニットバスのリフォームを安くするには、いろいろな業者に見積もりをしましょう。

1社だけでは他社よりも料金が高くなるリスクがあります。例えば、あなたが家を建たてたり、アパートやマンションを探すときは1つの不動産会社で決めますか?

2~5社ぐらいリストアップして、お気に入りの業者を選んでください。

ユニットバスのリフォームでも、一括で見積もりができるサイトを使って料金を比較しましょう。

ユニットバスの本体が安い業者を選ぶ

ユニットバスのリフォームを安くしたいなら、業者選びは大切です。

例えば、TOTOのサザナ・HSシリーズ(Nタイプ)といった同じ商品でも、販売元によって金額が違います。

【TOTO製・サザナ・HSシリーズ(Nタイプ/1216)の価格】

販売元 料金(税込/工事費除く)
リリバ・住まいのリフォーム 252,806円
キッチンナビ・楽天市場店 266,300円

リリバよりもキッチンナビが、13,494円(2019年3月14日現在)も高いです。

同じ仕様でも料金が異なるため、リフォーム費用を節約したい人は、インターネット通販や価格比較サイトで安い業者を探しましょう。

ユニットバスのランクダウン

ユニットバスのリフォームで格安にするなら、本体のランクを下げてみてはいかがでしょうか。業者によりますが、ローとハイランクでは約2倍も費用の差があります。

ランク別の費用例は、以下のとおりです。

【大手メーカーのランク別ユニットバス料金】

メーカー

格安ユニットバス

高額ユニットバス

価格差(税込)
リクシル アライズ(558,000円~)

スパージュ(988,000円~)

430,000円
TOTO

サザナ(588,000円~)

シンラ(1,080,000円~)

492,000円
パナソニック FZ(603,000円~)

リフォムス(1,073,000円)

4,700,00円

大手メーカーで比較すると、ローとハイランクでは420,000円~470,000円も金額が違います。

リフォームを格安にしたい人は、ローまたはミドルのランクを選んでください。​

ユニットバスのリフォームでかかる費用

「ユニットバスの相場はわかったけど、住宅別の費用がわからない」

このような疑問を持つ人に、一般的なマンション・一戸建てにおけるユニットバスのリフォーム料金を紹介します。

【マンション・一戸建てのユニットバス費用​】

ユニットバスの種類 相場

FRP(プラチック製)の

ユニットバス

約700,000円後半~1,300,000円前半

大理石を使った

ユニットバス

600,000円~2,510,000円

ヒノキを使った

旅館のようなユニットバス

2,300,000円後半~2,600,000円前半

ホーロータイプ

システムバス

1,100,000円~1,400,000円後半

例えば、価格比較サイトで「値段の安い順」に並べると、FRPで作られたユニットバスがあります。

リフォームを節約するなら、FRPを使ったユニットバスがおすすめです。

ビジネスホテルのユニットバスに似ているため、質感の良さは感じられません。

ユニットバスのリフォームを格安にする場合の注意点

ユニットバスのリフォームを格安で行うには、本体代金を下げるのがコツです。

しかし、リフォームを格安にするだけでは、想定外の出費がかかります。ユニットバスのリフォームを安くするための注意点を紹介しましょう。

見積書があいまい

リフォームの注意点は、見積書のあいまいさです。業者から「御見積書」といった用紙がもらえます。

良い業者であれば、ユニットバスの型番・工事で使う材料がか書かれているでしょう。

悪徳業者であれば「工事代金等」といったアバウトな見積書を作成します。

このような業者があれば、費用についてのヒアリングをしましょう。具体的な説明をしてもらなければ、別の業者を探してください。

工事費込の価格か

ユニットバスのリフォームを安くするには、工事費込みの価格なのかチェックします。インターネット通販では「工事費込」と書かれたユニットバスが販売していました。

リフォームの費用を安くしたい人は、本体代と設置費用が一緒になったプランを選んでください。

オプション​を付けない

ユニットバスのリフォームを安くするには、オプションを外しましょう。

追加料金がかかれば、リフォームの費用は高くなります。例えば、お風呂にテレビ・浴室乾燥機・ジェットバスなどのシステムを付けると、約20万円前後の料金がかかります。

リフォームを格安にしたい人は、基本仕様だけのプランを選びましょう。

良い業者の見つけ方

「ユニットバスの相場や注意点をわかっても、どんな業者に工事を選べばいいの?」

このような悩みを持っている人に向けて、良い業者を選ぶ2つのポイントを紹介します。

職人レベルの知識がある

ユニットバスのリフォームをする場合、あなたの自宅に業者が現地調査に訪れます。

このときに営業マンや管理者の知識が豊富であれば、信頼できる業者ではないでしょうか。

「バスルームを拡張する方法を教えてほしい」といった質問をして、おおよその工事費用や対応できない理由を答えてくれない業者は、避けてください。

施工後のサービスが良い

良い業者は、施工後のサービスも充実しています。例えば、工事後に水漏れが起これば、無料で修理をしてもらえるでしょう。

しかし、外壁・配管・装飾によって、保証される期間が異なります。

保証期間については、以下のとおりです。

【リフォーム後の保証期間】

名称 保証期間

ユニットバス

約2年(メーカー保証)

外装

約5~10年(施工業者)

水回り

約2年(施工業者)

内装

約1年(施工業者)

◼ まとめ

この記事では、ユニットバスのリフォームを格安にする方法、マンションや一戸建てのリフォーム費用、良い業者の選び方などを紹介しました。

簡単に内容をまとめると、以下のような形になります。

  • 安くするには本体代を下げる
  • ローランクの本体を使う
  • 設置や配管以外はdiyで行う
  • 知識のある業者を選ぶ
  • 見積書が雑な業者は避ける
  • アフターサービスが良い業者を探す

ユニットバスのリフォームで価格を抑えたい人は、本体や業者の選び方に気を付けてくださいね。あなたのリフォームライフが充実することを祈っています。

http://www.answer-tec.com/works/2019/01/24/2580/不可能を可能にした、浴室リフォーム工事の成功事例

2019.03.13(水)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休