内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

               
%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0
HOME > 建築コラム > システムキッチン・キッチンリフォーム > キッチンリフォームで使えない日数、工事の流れと事前準備を解説

キッチンリフォームで使えない日数、工事の流れと事前準備を解説

キッチンのリフォームを考えるときに、工事中の使えない期間は気になりますよね。外食やお弁当で済ませれば不便がない気もしますが、いざとなるとお湯が使えないなど意外と不便を感じるものです。

そこで今回は、キッチンリフォーム工事の流れと、使えない期間を詳しく紹介します。また、検討を始めてからどれくらい時間がかかるか、工事前にどんな準備が必要かなどもまとめました。これからキッチンリフォームを始める方は、ぜひ参考にしてください。

 

■キッチンリフォームはどれくらい前から検討すべき?

 

システムキッチンのリフォームは、検討を始めてからどれくらいかかるのでしょうか?結論から言うと、最低でも完成目標日の1か月前には動き出したいところです。プラン決めに時間がかかったり、選んだキッチンの仕様次第で納期が延びたりすることもあるため、できれば余裕を持っておきましょう。

 検討を始めてから工事が完成するまでの流れと、それぞれどれくらいの期間がかかるかをまとめました。

 

・現場調査


キッチンリフォームは、リフォーム会社に現場調査してもらうことから始まります。プランを作る前に、現在の設置状況を確認してもらって、適切なサイズのプランを作成しましょう。キッチンの間取り変更などの希望がある場合も、現場調査の段階で担当者に伝える必要があります。要望や現状の困りごとなども、プラン作りのヒントとなりますので思いつくことはすべて伝えましょう。

 状況にもよりますが、現場調査を依頼してから実際に来てもらうまでは1週間前後かかるケースが多いです。

 

・プラン作り


実際に設置するサイズやレイアウトが決まったら、キッチンのプランを細かく詰めていきます。使いやすいキッチンにするため、担当者との打ち合わせや、メーカーショールームで実物を見ながらの検討などが必要です。キッチンは選ぶべきポイントが非常に多いため、1度や2度の打ちあわせで納得できるプランができるとは限りません。ショールームに複数回足を運ぶことも考え、プラン作りは12週間の時間を確保しておきましょう。

 

・発注後のキッチンの納期


プランが固まり工事金額なども折り合いがついたら、いよいよ契約して工事を発注します。工事に関わる職人の手配なども必要になるため、発注してから23週間前後の納期となることが多いです。ただし、システムキッチンは仕様やグレードによってオーダーを受けてから生産する受注生産の場合もあるため、納期がさらにかかるケースもあると覚えておいてください。

 

■キッチンリフォーム工事の流れ

 

着工日から完了までの流れと、必要な日数を詳しく解説します。単純なキッチン入れ替え、クロスやフローリングなど内装工事も同時に行う場合、レイアウト変更を伴う場合などそれぞれの工事期間目安もまとめました。あらかじめどれくらいの期間キッチンが使えないのか把握しておき、しっかりと準備しましょう。

 

・解体/搬出


既存のキッチンを壁・天井から外し搬出・処分場まで運搬します。室内をホコリや傷から守る養生などもしっかりとしないといけないため、意外と時間がかかる作業です。キッチンの場所や大きさによってもかかる時間が変わってきますが、およそ0.5日~1日が目安です。工事がスムーズに進むように、キッチン周辺や搬出経路を片付けて広くとるなどの準備をしておきましょう。

 

・電気/水道/ガス/ダクト/木下地/


同じサイズのキッチンを入れ替える場合でも、水道やガスなどの接続位置が変わるため、配管のやり直しなどが必要になります。吊戸棚や換気扇を壁にビス止めするための下地位置などもキッチンによって変わりますので、大工作業も発生します。一つの空間に複数の職人さんが出入りするため、スムーズに進めるためには職人さん同士の連携と現場監督の采配が欠かせません。慣れている会社なら必要な日数は12日程度です。

 

・搬入/設置


下準備までが完了したら、新しいキッチンを搬入して設置していきます。キッチンはキャビネットや天板がバラバラの状態で運ばれてくるため、意外と仮置きスペースを必要とします。搬入経路の確保はもちろん、商品を仮置きできる場所も確保しておくと工事がスムーズです。キッチンの仕様やサイズにもよりますが、搬入設置に必要な日数は12日です。

 

・単純なキッチン入れ替えは3~4日間


既存のキッチンと同じレイアウトで入れ替える場合は、上で説明した日程を足していくと3日~4日前後が目安となります。

 

・フローリングやクロスなど内装も含めると1週間前後


キッチンが新しくなると、もともとの床や壁が気になってくるものです。キッチンの内装も同時にリフォームする場合は、プラス3日~4日間で1週間前後の期間を考えておきましょう。また、資材や道具の置き場がさらに必要になることも頭に入れておいてください。

 

・レイアウト変更する場合は2週間~


一般的な壁付けレイアウトから人気のアイランドキッチンや対面キッチンなど、レイアウトを変更する場合は、最低でも2週間はかかると考えておきましょう。ほとんどの場合、配管の大きな移設に伴い、フローリング・クロスなどの内装工事が必要になります。工事期間中は、キッチンと周辺エリアが使用できないと考えて準備しておきましょう。

 

■キッチン工事前に必要な準備

 

プラン作りが終わってキッチンを発注したら、着工前にやっておくべき準備があります。忘れてしまうと工事がスムーズにいかなかったり、着工できなかったりする恐れがありますので、しっかり準備しましょう。具体的にどんな準備が必要になるか、一つずつ解説します。

 

・片付け


当然ですが、キッチン自体を一度撤去しますので、調理器具などキッチンの中身はすべて出しておく必要があります。出してみると意外と量が多いものですから、仮置き場は余裕をもって用意しておきましょう。置き場所を確保できない場合は、レンタルスペースの一時利用なども検討してください。

 

また、作業中は搬入出など人の出入りが多くあるため、玄関や掃き出し窓などからキッチンまでの作業動線もなるべく片付けておくと工事がスムーズです。特にマンションの場合は、搬入出の経路や資材の置き場所が限られてくるため、着工前に担当者とよく打ち合わせしておきましょう。

 

・工事中の調理手段を確保しておく


単純なキッチンの入れ替えで数日間なら外食やお弁当で済ませることもできますが、レイアウト変更などで1週間以上の工事期間となる場合は、臨時の調理手段を確保しておくと良いでしょう。カセットコンロやホットプレートなど、ガスコンロ以外の加熱機器を用意しておけばいつものように料理できます。また、シンクが使えないため使い捨ての食器や割り箸などを用意しておくと不便が少ないです。料理をしない場合も、お茶やコーヒーを入れられるように電気ポットなどを用意するのもおすすめ。

 

・近隣への挨拶


工事中は人の出入りや工具の使用で大きな音が出ることになります。顔見知りのご近所さんでも、何も言わずに工事を進めてしまうとトラブルの元になるケースも。工事車両を家の付近に停めることもあるため、必ず隣近所に工事のあいさつをしておきましょう。リフォーム会社の担当者が挨拶に行ってくれるケースもありますが、自分でも声をかけておくと尚安心です。

 

・マンションは管理組合に届け出


マンションの場合は、工事を行う場合管理組合への届け出が必要となる場合があります。搬入出でエレベータを使用する場合や、共用部に資材や道具を仮置きする場合は使用許可が別途必要になることもあります。リフォームを検討し始めた際に、必ずどんな届け出が必要になるか確認してください。マンションによっては近隣住民の承諾が必要となるケースもありますので、時間がかかることを想定して、工事が決まったらなるべく早めに動くようにしてください。

 

・ガス会社へ連絡


新しいキッチンの仕様がガスコンロ・IHどちらの場合もガス管の工事が発生するため、工事前に契約中のガス会社へ連絡が必要です。リフォーム会社の担当者が連絡してくれる場合もありますので、必ずだれが連絡を取るのか確認しておきましょう。また、ガスの工事費が見積もりに含まれているかどうかも確認してください。

 

■住みながらのキッチンリフォームは大変?

 

単純なキッチン入れ替え程度であれば住みながらリフォームするのは不可能ではありません。ただし、レイアウト変更などを含む大規模な工事となると1か月前後かかることも少なくありません。毎日人の出入りがあるとゆっくりくつろぐことができませんので、意外と疲れるものです。もし予算と状況が許すのであれば、短期間契約できる仮住まいやホテルを活用して一時避難するのも一つの手です。住みながらの工事より効率よく進められる場合もあるため、工事期間が短くなるメリットもあります。

 

■まとめ:キッチンリフォームは会社選びが重要

 

キッチンリフォームは住みながら進めることが多いため、スムーズにいくようにしっかり準備しておきましょう。工事中は一つの部屋に多くの職人が出入りし、資材の搬入などもあるため現場監督の力量が問われます。キッチンの施工実績があり、スムーズに工事を進められる施工力のある会社を選びましょう。

 

千葉県松戸市・千葉県柏市エリアでのキッチンリフォーム施工実例

千葉県鎌ケ谷市M様邸 マンションの水まわり4点リフォーム


東京都足立区K様邸 キッチンのリフォーム工事


東京都江東区W様邸 キッチンと洗面化粧台のリフォーム工事


千葉県柏市K様邸 キッチン/玄関/階段/室内ドアの内装リフォーム工事

松戸・柏でキッチンリフォームなら一級建築士がいる「アンサー」


松戸市や柏市を中心に活動する「アンサー」は、一級建築士がプラン作りから施工計画まで担当します。お住いの構造や周囲の環境なども踏まえて、スムーズな工事を提供します。なるべく短い期間でキッチン工事をしたいといったご要望がある方も、ぜひご相談ください。

2019.12.12(木)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休