内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

               
%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0
HOME > 建築コラム > システムキッチン・キッチンリフォーム > 【松戸市でキッチンリフォーム】プラン作成時に注意すべきポイントを解説

【松戸市でキッチンリフォーム】プラン作成時に注意すべきポイントを解説

キッチンが古くなってきたからそろそろリフォーム、そんな時に必ず必要になるのが、キッチンのプラン作成です。キッチンは現在の間取りや使い方に合わせて、リフォーム会社が細かくオーダーメイドのプランを作ってくれます。しかし、使う人に合っていないプランだと、せっかくお金を払ってリフォームしても使いづらくなってしまう可能性もあります。

 そこで今回は、キッチンのプラン作りについて、あらかじめ知っておいてほしいポイントを紹介します。これから検討を始める方も、現在見積もり中の方もぜひ参考にしてください。

■キッチンのプランで注意すべきポイント

 

選ぶべきポイントが多いキッチンのプランニングは、初めての方にとっては大変な作業です。そこで、優先してチェックして頂きたい、いくつかのポイントをまとめました。

 

・天板高さは使う人の身長に合っているか?


キッチン選びの際にまず注意したいポイントは、ワークトップの高さです。身長とキッチンの高さがあっていないと、どんなに高級で多機能なキッチンでも効率よく使うことができません。低すぎると首や腰が曲がって疲れやすくなり、高すぎるとひじが当たってしまい正確な作業ができなくなってしまいます。

 

最適なキッチンの天板高さの目安は「身長÷2+5cm」で算出されるのが一般的。例えば身長160cmの方なら、「160cm÷2+5cm」で85cmの高さが目安となります。腕の長さなど個人差があるため絶対ではありませんが、一つの指標として計算して覚えておいてください。

 

・シンクのサイズ・配置は適切か?


キッチンメーカーやグレードによっては、シンクの幅や位置を選ぶことができる場合もあります。一人で調理する場合、子供と一緒に作業する場合など、使うシーンによって最適なシンクのサイズは異なります。日々の生活を具体的にシミュレーションして、一番多いシーンに合わせるのがおすすめです。

 

シンクの配置については、現在のキッチンを基準に考えるのがわかりやすいです。例えば調理や洗い物中に、「ここにスペースがあればなぁ」など不満を感じることがあれば、解消できる配置を考えましょう。調理中の不満がなければ、現在の配置でOKです。

 

・加熱機器はIHかガスか?


キッチンの使い勝手を大きく左右する加熱機器は悩みが発生しやすいポイント。一長一短があり、どちらが優れているとは一概に言えないため、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

 IHは直接火を出さず、電気の力で直接鍋を熱するため、消し忘れなどの事故がなく安全性が高く、小さなお子さんや高齢の方が調理する際も安心です。直接火が出ないため夏場の調理が快適にできる効果もあります。また、加熱機器が表に出っ張らないため、フラットで非常に掃除しやすいのも特徴です。

 一方デメリットとしては、すべての鍋やフライパンが使えるわけではないため、調理器具の買い替えが発生する可能性があります。また、停電など緊急時に使用できないので、いざというときに心配いう声も。

 ガスコンロは従来通りの使い勝手で慣れるのが早く、調理器具もそのまま使うことができます。停電でもガスさえあれば使えるため災害に強い点も近年注目されています。ただし、やはりフルフラットのIHと比べると多少掃除の手間がかかり、火が出るので火事の可能性がある点には注意が必要です。

 

・収納はしまいたいものが入るサイズか?


キャビネットや吊戸棚など、収納部のサイズにも注意しましょう。開き扉のキャビネットから2段引き出しに変わって、背の高い鍋が入らなくなってしまうケースなどがよく見られます。今ある調理器具や食器の数やサイズを確認して、どのように収納するかまでシミュレーションしましょう。

 

■後からの追加が難しい設備は最初に組み込んでおく

 

オプションとして用意されている設備は、必要かどうかをしっかり検討して最初からプランに組み込んでおきましょう。よく検討せず工事が終わり、友達の家のキッチンを見て「わが家も付けておけば良かった!」と後悔するのはよく聞くケースです。工事が終わってから追加することもできますが、余計な手間や費用が発生するためおすすめできません。人気が高く、プラン作りの際にぜひ検討しておきたいオプションをいくつかご紹介します。

 

・キッチンパネル


引用元:LIXIL公式HP:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/parts/parts02.htm

キッチンの壁面がステンレスやタイルの方にぜひ検討してほしいのはキッチンパネルです。目地がなく表面がフラットなパネルは油汚れが染み込まないため、清掃性の高さが抜群。揚げ物などの油はねが多い料理後も、さっと拭くだけできれいに保つことができます。特に掃除しづらい出窓のあるキッチンにはおすすめです。

 キッチン本体やお部屋と合わせてカラーをチョイスすれば統一感も得られるため、毎日のお料理も楽しくなること間違いなしです。後から貼ることも可能ですが、シリコンコーキングによるつなぎ目が増えてしまうケースが多いため、清掃性が若干落ちてしまいます。まとめて施工したほうが費用も抑えられるため、ぜひ優先的に採用してほしいオプションです。

 

・大理石・セラミックワークトップ


ほとんどのキッチン商品では、ワークトップやシンクの素材は昔ながらのステンレスが標準採用されています。ステンレスは価格が安く、熱や薬品にも強いため万人におすすめできますが、デザイン性の高い人造大理石やセラミック素材も魅力的です。少し前の人造大理石は熱に弱く、熱した鍋を直接置けないなどのデメリットがありましたが、最近は改善されつつあります。

 優しい色合いの人造大理石はステンレスにない雰囲気で高級感を出しやすく、インテリアに合わせたコーディネートも人気です。設置後のワークトップ交換は不可能ではありませんが、予算などを考えると現実的ではありませんので、最初にしっかりと検討しましょう。

 

・ビルトイン食器洗い乾燥機


引用元:パナソニック公式HP:https://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Washing

家事の時短と負担軽減に大きく寄与するビルトイン食器洗い乾燥機も人気のオプションです。キッチンのキャビネットに組み込むことで設置場所を取らず、キッチン全体がすっきりするのも大きなメリット。キッチンのグレードによっては、サイズがいくつか用意されている場合もあるため家族の人数や普段の食器使用状況なども考慮する必要があります。また、設置した分のキャビネットが使えなくなるため、キッチン自体の収納力が減るということも考慮しましょう。

 

後から組み込むことができる商品もありますが、水道・電気工事を後から行うと余計な費用が掛かるので、付けるなら最初からプランに入れておくべきです。

 

・電動昇降機


引用元:LIXIL公式HP:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/parts/parts10.htm

どうしてもデットスペースになりがちな、キッチンの吊戸棚を有効活用する昇降機もおすすめオプションの一つです。背の高い方なら戸棚の下は何とか使える場合がありますが、踏み台でもないと届かない上部は普段使わないものを入れるケースがほとんど。

 

スイッチ一つで棚が目の前に降りてくる電動昇降機なら、調味料や器具など普段使いのアイテムでスペースを有効活用できます。ワークトップに物を置かずに済むので、作業スペースを広くとれるというメリットもあります。価格を抑えた手動昇降機を用意しているメーカーもありますので、予算に合わせて検討してみてください。

 

■プラン作成時はメーカーショールームで実物をチェック

 

ここまでご紹介したように、キッチンは選ぶポイントがたくさんあるため、できれば実物を見てチェックしたいものです。そこで、キッチンメーカーのショールームを活用するのがおすすめ。メーカーショールームに行くときに注意したいポイントをまとめましたので、参考にしてください。

 

・なるべく普段と同じ状況で使い勝手をチェック


メーカーのショールームには各グレードの商品が実際に展示してあり、使い勝手やサイズ感などを体験できます。その際、普段使っている道具や状況などをなるべく細かく再現すると失敗が少ないです。例えばヒールの高い靴を履いて行ってしまうとワークトップの高さが正しくチェックできません。普段使っているスリッパの高さを調べて、近いサイズの靴を履いて行きましょう。

 

・「理想のプラン」と「予算内のプラン」を両方作ってもらう


また、メーカーショールームではアドバイザーの提案を受けながらキッチンの仕様を決め、商品の見積もりを取ることができるのもおすすめする理由です。グレードや使用を変えて、複数のプランを比べたり、いくつかの見積もりを作ってもらったりすることもできます。予算の関係もあるため難しいところですが、欲しいと思った仕様をすべて入れた「理想のプラン」と「予算内のプラン」を両方作ってもらうと落としどころを探りやすくなるのでおすすめです。

 

・必要なら何回か行ってみる


一度で満足のいくプランができ上ればよいですが、少しでも疑問や不満が残るなら、妥協せずに何度かショールームに足を運んでみましょう。どうしてもイメージがわかない時は、少し足を伸ばして隣エリアのショールームに行ってみるのも一つの手です。また、いくつかのメーカーを回ってみることでメーカーごとの違いが見え、イメージがわいてくる可能性もあります。失敗しないために、時間と労力を惜しまずに理想のプランを手に入れましょう。

 

■まとめ:キッチンリフォームでは提案力がある会社を選ぼう

 

住まいに合わせるオーダーメイドのプラン作りが必要なキッチンリフォームでは、担当者の提案力が重要です。満足行くリフォームのために、会社選びの際はキッチンの提案力がある会社を選びましょう。キッチンの施工実績を多く持っている会社は、経験による実践的なアドバイスをもらえる可能性が高くなります。リフォーム会社選びの基準として参考にしてくださいね。

千葉県松戸市・千葉県柏市エリアでのキッチンリフォーム施工実例

千葉県鎌ケ谷市M様邸 マンションの水まわり4点リフォーム


東京都足立区K様邸 キッチンのリフォーム工事


東京都江東区W様邸 キッチンと洗面化粧台のリフォーム工事


千葉県柏市K様邸 キッチン/玄関/階段/室内ドアの内装リフォーム工事

 

松戸・柏の一級建築士がいるリフォーム店「アンサー」


 

リフォーム工事では特別な資格が必要ありませんが、松戸・柏エリアを中心にリフォーム工事を手掛ける「アンサー」には一級建築士が在籍。キッチンリフォームでも、しっかりと調査したうえでプランを作成します。耐久性・安全性の確保はもちろん、経験豊富なスタッフが使い勝手の良いキッチンを提案しますので、お気軽にご相談ください。

2019.12.12(木)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休