内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

               
%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0
HOME > 建築コラム > システムキッチン・キッチンリフォーム > 【柏市のキッチンリフォーム】おすすめメーカーの特徴まとめ

【柏市のキッチンリフォーム】おすすめメーカーの特徴まとめ

キッチンリフォームの検討を始める際、まずはどんなキッチンがあるのか気になるところですが、初めての方はどこから調べ始めれば良いかわかりづらいものです。

 

そこで今回は、キッチンリフォームで人気のメーカーをピックアップして、それぞれの特徴をまとめていきます。ニトリやIKEAといった家具メーカーのキッチンについても詳しく説明しています。これからキッチンの検討を始める方は、ぜひ参考にしてください。

 

■人気キッチンメーカーと特徴

システムキッチンを作っているメーカーは数が多いため、全メーカーを調べて比較するのは大変な作業。

 そこで、キッチンリフォームでよく名前が挙がる人気のメーカーをピックアップして、どんな特徴があるのかまとめてみました。どのメーカーも一流の商品をラインナップしているためどのキッチンを選んでも後悔は少ないと思いますが、より自分に合ったキッチンを選ぶための参考にしてみてくださいね。

 ・タカラスタンダード


引用元:タカラスタンダード公式HP:https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/edel/

金属性の鋼板にガラスを吹き付けたホーロー素材をキッチンに採用しているのがタカラスタンダードの大きな特徴です。鉄とガラスの特徴を併せ持ち、汚れが染み込まず傷にも強いなど、清掃性と耐久性の高さも魅力の素材。ホーローをキッチンの扉やキャビネットの内側まで使っているため、長年使っても美しい状態を維持することができます。

 サイズ制限の厳しいマンションリフォームに対応するため、1cm刻みのオーダーキッチンを用意するなどラインナップも充実。既存キッチンが特殊サイズの場合も、無駄なスペースのないピッタリキッチンリフォームを実現できます。最短1日で工事が完了するカンタン取り換えキッチンなど、使う人の都合まで考えたラインナップなので、希望に合うキッチンを見つけやすいでしょう。

 

 おすすめポイントまとめ

  • 耐久性が高くきれいが長持ちするホーローを採用
  • 1cmオーダーでピッタリ作れる

 

・TOTO


引用元:TOTO公式HP:https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/color/plan09.htm

トイレやユニットバスのイメージが強いTOTOですが、システムキッチンの歴史も長く幅広いラインナップを持っています。自社開発している水栓金具に強みがあり、水が広がってサッと洗い流せるほうき水栓などユニークな便利装備も選べます。美しく高級感のあるクリスタルカウンターが選べるのもTOTOの特徴。毎日のお掃除もしやすいなど意匠性と機能性を兼ね備えていて、クリスタルカウンターのためにTOTOを選ぶユーザーもいるほどです。

 キッチンのグレードは2種類と控えめですが、レイアウトやオプションのバリエーションが多いため困ることはないでしょう。収納重視・使い勝手重視など様々な要望に応えてくれるメーカーです。

 

 おすすめポイントまとめ

    • 便利で美しいクリスタルカウンターが人気
    • 様々な要望に対応しやすい

 

・LIXIL(リクシル)


引用元:LIXIL公式HP:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/case/plan09.htm

2011年に大手建材メーカー5社が合併して生まれたLIXILのキッチンは、もともとキッチン専業メーカーだったサンウェーブの商品がもとになっています。ユーザーに合わせた使い勝手の良いキッチンをラインナップしているのが特徴で、オリジナルのドアポケット収納なども好評。キッチン作業の負担を軽減したい方におすすめしたいメーカーです。

 価格帯別に3つのグレードをそろえるなどラインナップが多いのもうれしいポイント。予算と性能のバランスを取りやすく、限られた予算の中でより使いやすいキッチンを選びたいときはぜひ検討したいですね。

 

 おすすめポイントまとめ

    • 使い勝手にこだわったラインナップ
    • 予算に合わせて選びやすい

 

・クリナップ


引用元:クリナップ公式HP:https://cleanup.jp/kitchen/stedia/space_plan/

湿気や熱などによる腐食に強いステンレス素材にこだわり、目に見えないキャビネット内部までステンレスを使ったキッチンが選べるのがクリナップです。汚れやにおいが付きにくく、カビも発生しづらいため清潔に使うことができます。再利用しやすい素材のため、将来廃棄する際もリサイクルして環境にやさしいのも見逃せないポイントです。

 最上級のステンレスキッチンから、価格を抑えたエントリーグレードまで幅広くラインナップしているため、複数のキッチンを見比べられるのも選びやすくていいですね。水を流すだけで野菜くずなどを集めるシンクなど、使いやすさへの工夫も随所に見られます。トレンドを抑えた最新機能が欲しい方は、ぜひ検討してみては。

 

 おすすめポイントまとめ

    • 清潔なステンレスキャビネットが選べる
    • 最新便利オプションも選択可能

 

・ノーリツ


引用元:ノーリツ公式HP:https://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/parts/plan.html

もともと給湯機やガスコンロがメインのノーリツのキッチンは、お料理のしやすさに配慮しているのが特徴です。ガスコンロ内蔵のグリルで魚や肉などの調理はもちろん、パンなどの凝った料理を作れる商品ラインナップも。料理した後のお掃除しやすさにも配慮しているため、思い切りお料理を楽しみたい方にピッタリのメーカーと言えるでしょう。

 また、シンクやガスコンロの位置を0.5cm刻みで移動できる「わがままワークトップ」が選べるのもノーリツの大きなメリット。「ここがもう少し広かったら…」といった思いをせず、使いやすいキッチンをオーダーで作ることができます。オーダーとはいえ差額がプラス12万円(税抜き)とリーズナブルに選択できるのもうれしいポイント。

 

 おすすめポイントまとめ

    • 料理の効率にこだわったキッチンづくり
    • シンクとガスコンロの位置をオーダーできる

 

・パナソニック


引用元:パナソニック公式HP:https://sumai.panasonic.jp/imgsearch/detail.html?id=19020013

家電・建材メーカーとして有名なパナソニックのキッチンは、使いやすさはもちろんスタイリッシュな意匠性のファンも多いメーカー。上級グレードでは100種類もの扉材を用意するなど、インテリアに合わせたプランニングができるためデザインにこだわりがある方におすすめ。

 ミキサーなどの調理器具用コンセントや、エコナビ機能搭載の食器洗い乾燥機など、家電に強みを持つパナソニックならではの工夫もあります。キャビネットへの虫の侵入を防ぐオプションなど、ユニークな装備も用意されています。お掃除しやすいシンクや出し入れをサポートする収納など、最新トレンドももちろん押さえています。

 

 おすすめポイントまとめ

    • スタイリッシュでインテリアに合わせやすいデザイン
    • 使いやすい家電オプションが魅力

 

■設備メーカー以外のキッチンはどうなの?

 

前の項でピックアップしてご紹介したような設備系メーカー以外にも、キッチンを製造している企業はたくさんあります。例えば家具メーカーであるニトリやIKEAなどもキッチン商品を展開していますが、キッチンリフォームの選択肢としてはアリなのでしょうか?

 結論としては、「長く使うのであれば原則としておすすめしない」というのが正直なところです。ここではその理由を3点ピックアップして解説します。

 ・選択肢が少ないため使いやすいプランを作りにくい


家具メーカーのシステムキッチンはリーズナブルな商品が多いのが特徴ですが、価格を押さえるために、プランの選択肢が少ない場合が多いです。そのため、キッチンの幅や高さなど、使い勝手に直結する部分で希望通りにならない可能性があります。もちろん全く選べないわけではありませんので、全く使えないわけではありませんが、妥協しなければならないポイントも出てくるため長年使うと不満が出てくるケースも。

 食器洗い乾燥機やスライド収納など、流行りの装備には対応していますが、細かく見ていくと専用メーカーの使い勝手には敵わない部分もあります。キッチンは数十年単位で長く・毎日使うものですから、ストレスなく便利に使えるものを選びましょう。

 ・耐久性が低い


コストを削減するために使う材料のグレードを落とす必要もあるため、耐久性が低いという懸念もあります。キャビネットの構造材や裏板など目に見えない部分のグレードも落とさなければいけないため、長年使用した時の劣化具合に差が出てきます。特に水回りであるキッチンは湿気が多く、腐食などの被害も出やすいため材質にはこだわりたいことろです。

・撤退する可能性がある 


キッチンなどの水回りを専門とする設備メーカーと比べると、家具メーカーはあくまで家具がメイン事業となるため、売り上げの悪化などでキッチン事業から撤退する恐れがあります。仮に外資系のメーカーなどは撤退してしまうと、故障時の修理などアフター体制がなくなってしまうケースも。

■メーカーは決め打ちせずショールームを見に行くべき

 

キッチンを選ぶ際は特定のメーカーに決め打ちせず、ショールームに行って実物を見てみましょう。設備メーカーは主要エリアごとにショールームを設けているため、本物のキッチンを見ながら気に入ったものを選ぶことができます。写真だけで決めると実物とのイメージ違いが発生しやすいですが、先に見ておけば安心ですよね。

 ショールームに行く際は、見積もりを依頼するリフォーム会社を通して予約するのがおすすめ。間取りの状況なども事前に伝えてもらえるので、プラン作りがスムーズに進みます。いくつかのメーカーを回るのは時間がかかりますが、妥協せずお気に入りのキッチンを見つけて満足いくリフォームにしましょう。

 

■まとめ:キッチンリフォームは施工実績のある業者を選ぼう

 

ライフスタイルに合わせたキッチンを選ぶには、施主さん自身の勉強も必要ですが、リフォーム会社の提案力も重要です。キッチンリフォームを依頼する会社を選ぶ際は、実績のあるところを選びましょう。キッチンのリフォーム事例を持っていて、こちらから頼まなくても見せてくれるかどうかなどを目安に探してみてください。今回の記事が、満足いくキッチンリフォームのお役に立てれば幸いです。

千葉県松戸市・千葉県柏市エリアでのキッチンリフォーム施工実例

千葉県鎌ケ谷市M様邸 マンションの水まわり4点リフォーム


東京都足立区K様邸 キッチンのリフォーム工事


東京都江東区W様邸 キッチンと洗面化粧台のリフォーム工事


千葉県柏市K様邸 キッチン/玄関/階段/室内ドアの内装リフォーム工事

 

松戸・柏の一級建築士がいるリフォーム店「アンサー」


 

松戸・柏エリアを中心にリフォーム工事を手掛ける「アンサー」には一級建築士が在籍。キッチンリフォームでも、しっかりと調査したうえでプランを作成します。耐久性・安全性の確保はもちろん、経験豊富なスタッフが使い勝手の良いキッチンを提案しますので、キッチンについてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

2019.12.12(木)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休