内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

COLUMN
HOME > コラム > ユニットバスのリフォームを成功させるコツ(マンション編)​ ​

ユニットバスのリフォームを成功させるコツ(マンション編)​ ​

あなたの住んでいるマンションでは、バスルームにユニットバスが付けられていますか?昭和の物件でなければ、おそらくユニットバスを使っているでしょう。ユニットバスも使い続けるとカビや臭いが気になるため、リフォームをしなければいけません。

しかし、ユニットバスのリフォームをしていない人は、ほとんど知識がありませんよね?このような人に向けて、マンションにおけるユニットバスの交換する目安・工事にかかる時間・ランクや平均的な費用・マンションで使える3つのユニットバスを紹介します。

この記事を読み終える頃には、1人でユニットバスの見積もりを出して、業者へ工事を頼めるでしょう。

ユニットバスリフォームの常識

​ユニットバスのリフォームで常識なのは、20年前後の浴槽は交換の対象になります。

ほかにも、工事が行われる期間については、約3~4日です。さらに、解体をしなけばいけないタイル式では、工事が長くなるのは常識です。

ここまでの基本的な知識をわかりやすく解説していきます。

20年~30年ぐらいの浴槽が対象

マンションのユニットバスについては、施工してから「20~30年前後」で交換した方が良いでしょう。また、予算にゆとりのある人なふどは、目安よりも5年ぐらい速い「15年後」にしてください。

ユニットバスのあるバスルームは、湿度が高くてカビが生えやすいです。リフォームをしなければいけない時期が多いでしょう。

脚付きのユニットバスは、シャワーなどのお湯や水が入りやすいため、臭いかもしれません。また、お風呂のドアも、経年劣化によって扉が開きずらくなります。

このような問題を見つけたら、20~30年といった交換の目安を考えずにリフォームを始めてくださいね。

工事期間は、3~4日間

ユニットバスのリフォームは、一般的には「3~4日」と言われています。浴槽や壁などがセットになっているため、工事が短いためです。ユニットバスの本体だけではなく、床・天井などのリフォームがあれば6日前後。浴室換気暖房乾燥機を付けるときは、設置するために工事は長いです。

また、リフォームする前のお風呂がタイルであれば、ユニットバスに交換するまで4~10日ほどかかります。タイル式の工事が長いワケは、床や壁の解体とコンクリートの固めるためです。

ユニットバスにおける作業の内容は、以下のとおり。

【ユニットバスをリフォームする流れ(一例)】

1日目

 解体前の養生(ようじょう)

 ハンマーなどでタイルの解体・換気扇の撤去など

 ドリリングマシーン(削岩機)でコンクリートの解体

2日目

 コンクリートの基盤づくり

 配管工事

 土木工事

3日目

 バスルームへのユニットバスを搬入

 断熱材の挿入

4日目

 ユニットバスの組み立て工事

5日目

 内装のデザインや壁の工事

6日目

 内装

 配線

 ドアの設置

 清掃

 依頼主の確認

このスケジュールは、あくまでも一例です。作業員の足りないゴールデンウイーク・お盆・年末年始といった長期休暇は、工事が遅れやすいです。

できるだけ空いている時期にリフォームを頼んでください。

80~100万円の費用がかかる​

ユニットバスのリフォームでは、本体代金とバスルームへ設置するための費用がかかります。

ユニットバスだけの価格については、約40万円~50万円です。この金額には、浴槽・床・壁などを含めた金額になります。

メーカー・ランク・大きさによっても価格が違うため、参考程度に留めてください。

ランク別の料金は、以下のとおりです。

ランク 2.47㎡(0,75坪) 3.3㎡(1,0坪)
低い 50~70万円前半 60~70万円後半
普通 65~83万円前半 70~80万円後半
良い 80万円後半~100万円 90万円前半~110万円

コストパフォーマンスの良いランクでは、約50万円前後、スタンダードであれば、約70万円前後、ランクの良いものは100万円を超えるでしょう。

​ユニットバスの相場を知る方法​

ユニットバスの相場を知るには、複数の業者からの見積もりや価格比較サイトを利用するとわかります。もちろん「オプションの有無(大理石のユニットバスやすべりにくい床材の利用)」によって金額が変わるため、正確な金額ではありません。しかし、ユニットバスのリフォームについての相場がわかれば、悪徳業者が提案をしても断れるでしょう。

ここでは、ユニットバスの相場を知る2つの方法を紹介します。

複数の業者から見積もりを取る​

マンションのユニットバスをリフォームするときは、複数の業者から見積もりを取りましょう。その理由は、同じ交換工事でも業者によって提案する金額が異なります。1社だけでの見積もりをしていれば、あなたが多くの費用を負担するリスクもあります。

また、さまざまな業者から見積もりをもらえば、リフォームの相場もわかるでしょう。そうすれば「この業者は他社よりも金額が高い」や「ユニットバスの本体はA社よりもB社が安い」と比べられます。あなたを大切なリフォームの費用を守るためにも、めんどくさがらずに工事内容・価格・工事などをチェックしてください。

価格比較サイトの活用​ ​

ユニットバスのリフォームでは、数社への見積もり依頼は当たり前です。しかし、1社ごとに依頼するのはめんどくさいですよね?このような人におすすめなのが、「無料の見積もりサイト」になります。このようなサイトを使えば、一括で数100社以上のハウスメーカーや工務店の見積もりを比べられるのです。仕事や家事の忙しいサラリーマンや主婦には、うれしいサービスでしょう!

ユニットバスのリフォームブランド​(マンションタイプ)​

ユニットバスと言っても、マンションタイプと呼ばれる商品があります。ここでは、マンションのリフォームで使いたい3つのシリーズをご紹介。

リクシル/BWシリーズ​

BWシリーズは、リクシルが販売するマンション・アパート用のユニットバス。浴槽と床を切り分けられるため、狭い通路で作られているマンションやアパートでも搬入がしやすいです。

天井の高さも1,900㎜と2,000㎜の2種類から選べます。天井の高さが変えにくいユニットバスでも、自由度の高い商品ではないでしょうか。また、バスルームのパネルについても、ブルー・ホワイト・ブラウン・ダークブラウンなど11種類から選べます。浴室と洗面台の段差がないため、浴槽に入りやすいためお年寄りのいる家庭にもおすすめです。

パナソニック/MR-Xシリーズ​

MR-Xシリーズは、パナソニックが開発したマンション用のユニットバスです。

マンションへの搬入がしやすく、水漏れがしにくい商品となります。「薄納まり構造」のため、ユニットバスの大きさを変えられるのがメリットです。

ほかにも、天井の高さをカットするなどマンションのリフォームに特化しています。

リクシル/リノビオV​

リノビオVは、マンションのリフォーム用に作られたユニットバスです。

主にマリンブルーのタイルである「Kタイプ」、ブラックのタイルと浴槽がシックな「Qタイプ」、ゴールドのタイルが目立つ「Sタイプ」、薄いブルーのタイルでさわやかな「Fタイプ」、森に近い緑のタイルと浴槽の「Eタイプ」があります。

浴槽・洗い場などを分けられる「フレーム分割構造」のため、天井が高くないマンションへ搬入ができます。また、バスルームの顔であるドアも、100㎜前後の間隔で左右に動かせるため、カスタマイズがしやすいです。リノビオVの浴槽には、大理石に近い「ルフレトーン浴槽」を使われているため、高級感のあるバスルームにしたい人へおすすめ。

オプションになりますが、テレビ(24万9,000円)やブルートゥースを使ったオーディオ(10万6,000円)で音楽も楽しめます。

​まとめ

​ここまでは、マンションにおけるユニットバスのリフォームを解説しました、簡単にまとめると、成功するためには以下のような行動をしましょう。

  • 複数の業者から見積もりを取る
  • ラクに見積もりを取るには「価格比較サイト」を利用
  • ランクによって価格が違う
  • 依頼は、長期休暇を避ける
  • マンションタイプのユニットバスを選ぶ
  • マンションタイプは、搬入がしやすい
  • 防水に優れた商品もある
  • オプションを付けると+10万円以上の費用が必要
  • こだわりのある人は、カスタマイズしやすい商品を選ぶ

以上の点が上げられるでしょう。

マンションタイプのユニットバスは、壁の大きさを高くしたり、タイルを数種類から選べるため、自由度が高いのではないでしょうか。ユニットバスが付いたマンションが増えるため、新しい商品が生まれるのが楽しみですね。

http://www.answer-tec.com/works/2018/05/25/1606/お客様の負担をギリギリまで減らした浴室リフォーム成功事例

2019.03.04(月)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休