内装リフォーム・外装リフォーム・太陽光発電・土地活用|株式会社アンサー|千葉県松戸市

COLUMN
HOME > コラム > ユニットバスのつまりを解消するには?つまりの原因や予防法を紹介

ユニットバスのつまりを解消するには?つまりの原因や予防法を紹介

きれいに掃除してもすぐに水の流れが悪くなってしまうことはありませんか?排水口の周りの掃除は臭いがきつかったり汚れが目立っていて、掃除したい気持ちにはなりにくいですよね。しかし、掃除しなければ水がつまって流れないのも事実。

そこで今回は、ユニットバスの

  • つまりの原因
  • つまりを解消する方法
  • つまりの予防策

について説明します。ユニットバスのつまりで悩まれている方の参考になれば幸いです。

ユニットバスがつまってしまう原因とは

ユニットバスのつまりの原因は、

  • 髪の毛
  • ヘドロ状の汚れ
  • 浴槽内の小さな破片

などです。それぞれについて説明します。

髪の毛

髪の毛は、ユニットバスのつまりにおいてもっとも多い原因です。髪の毛が排水トラップにたまることで水の流れを悪くします。排水トラップとは、つまりの原因となる髪の毛などを床下に送らないようにするためのものです。こまめに排水トラップをきれいにすることで、水がつまるのを防ぎやすくします。

ヘドロ汚れ

排水口には、内側に付着しているヌメヌメしたヘドロ汚れがあります。お風呂場では、せっけんやシャンプー、皮脂などを流しますよね。これらが長い間たまることで、ヘドロ状の汚れがたまります。さらに、髪の毛と絡み合うことで、排水口をつまらせる原因になります。

浴槽内の小さな破片

浴槽内の小さな破片は、水の流れを悪くすることがあります。例えば、排水トラップの周りにあるレンガやタイル片、木材などが古くなり剥がれ落ちた場合。床下まで流れてしまったものは取り出すことができません。これらが貯まることで、排水の妨げとなり水をつまらせる原因になります。

ユニットバスのつまりを解消する方法

お風呂の栓を抜いても水が流れなかったり別の排水口からあふれたりする場合は、排水口がつまっていることが考えられます。 そのときは、排水口のふたを開けて髪の毛がつまっていないか確認しましょう。

髪の毛は見える範囲だけでなく、排水口の隙間や奥にもつまっています。その場合、ブラシで汚れを落としたり市販のクリーナーで汚れを溶かしたりすることでつまりを解消することが可能です。

掃除をすることで髪の毛を取り除き、定期的にきれいにすることでつまりの予防ができます。

お湯を流してもつまりを解消する効果がない

お風呂のつまりにおいて、お湯を排水口に流し入れる方法はあまり効果を発揮しません。お湯は、つまりの原因である髪の毛などをほぐしたりふやけさせたりすることが可能です。しかし、つまりの原因を取り除く効果はありません。そのため、お湯を流してもつまりの解消をすることは難しいです。

床下の排水管のつまりは自分では解消できない

床下の排水口に溜まったものは、自分では取り除くことができません。床下とは、排水トラップの下にある部分です。そもそも排水トラップは、つまりの原因となる髪の毛などを床下に送らないようにするためのもの。なので、床下に髪の毛などのゴミが流れてこない設計が一般的です。

床下の排水口がつまっている場合、専門業者に依頼して高圧の洗浄機でゴミを流してもらう必要があります。

つまりがひどいなら専門業者へ依頼する

お風呂場は毎日使うので、どんなに予防していても、つまってしまいます。なかなか解消できなかったり掃除してもすぐにつまったりする場合がありますよね。そのときは、なるべく早めに自社にご相談ください。見えない部分のつまりをプロの腕で新品のような使用感に致します。

ユニットバスのつまりを予防するには

ユニットバスのつまりは、髪の毛や汚れが流れ込むのが原因です。流れ込んだ髪の毛や汚れは、長い年月をかけてカチカチに固まり、排水口の通り道を細くします。そこで、つまりを予防するためにできる対策は

  • ヘアキャッチャーを設置する
  • 定期的に排水口の洗浄をする
  • 定期的に高圧洗浄を依頼する

です。それぞれについて説明します。

ヘアキャッチャーを設置する

ヘアキャッチャーを設置することで、排水口に流れ込む髪の毛を減らすことを考えましょう。ヘアキャッチャーを設置するだけで、大幅に排水口の環境を改善することが可能です。ヘアキャッチャーは、市販で買うことができます。取り換える期間を決めることで、床下に流れるゴミを減らしましょう。

定期的に排水口の洗浄をする

排水口のつまりの原因である髪の毛は、パイプクリーナーなどの排水管を洗浄する薬剤が効果的です。排水口がつまりを起こす前に、定期的に排水口を洗浄することで予防することが可能です。その結果、つまりを起こす確率を下げることができます。

定期的に高圧洗浄を依頼する

定期的に高圧洗浄を依頼することで、新品同様の使用感を保つことができます。費用はかかりますが、最もつまりを予防する効果が高いです。

プロが使う排水管を掃除する高圧洗浄機は、20万円~40万円ほど。また、排水口側からではなく屋外の点検口からノズルを入れて逆噴射をしながら掃除することが可能です。つまりを予防することにおいて、高圧洗浄機が1番効果的だといえます。

もし今までに1度も高圧洗浄作業をプロに依頼した覚えがないということであれば、一度試してみることをおすすめします。

ユニットバスの寿命を伸ばす方法

ユニットバスの寿命を伸ばすなら、手入れやメンテナンスをする時間を作ることをおすすめします。

例えば

  • 排水口の手入れ
  • 湿度を下げる
  • コーキングする

などが挙げられます。それぞれ説明します。

排水口の手入れ

こまめに排水口の手入れをしましょう。排水口には、排水トラップがあります。排水トラップとは、髪の毛やごみを集めるためのものです。

手入れをしないと溜まった髪の毛やごみが排水を妨げて、水が溜まりやすくなります。 それだけでなく、嫌な臭いの原因になります。

また、ひびが入った排水口に負荷がかかると、水が浸入してユニットバスが腐食する可能性が高いです。排水口をこまめに手入れすることで、ユニットバスの寿命を延ばしやすくします。

湿度を下げる

浴槽にお湯を溜めるときは、ふたを閉める習慣をつけてください。カビは、湿度が80%を超える場所で繁殖しやすいです。そのため、お湯を溜めたあとはふたを閉めることで湿度を抑えることができます。

また、お風呂に入った後は、浴槽の栓を抜くことでお風呂場の湿度を下げることにつながります。溜めたお湯だけでなく、壁の水滴を減らすことでカビが増えるのを防ぎやすくします。その結果、ユニットバスの寿命を延ばしやすくします。

コーキング

浴槽は、設置してから10年を過ぎるとコーキングが劣化します。コーキングとは、角やパネルのつなぎ目のことです。コーキングが劣化すると、隙間に水が入って腐食します。結果、カビや黒ずみの原因となります。

また、コーキングの劣化はシロアリの標的になる可能性が高いです。そうなると、壁や柱などを直す必要があり、高い費用がかかります。

これらを防ぐためにもお風呂に入るときや掃除をするときは、コーキングの状態を確認しましょう。

コーキングの作業は、市販のコーキング剤を使うことができますが、作業量が多いため業者に依頼するのがおすすめです。

つまりの発生を防ぐには日頃の予防対策が必須

今回の記事では、ユニットバスのつまりについて説明しました。つまりの発生を防ぐなら、日頃の予防をすることは必須になります。ヘアキャッチャーの設置や市販で売っている排水口の洗浄剤を使うなど、定期的にできることがないか確認してみましょう。

つまりの原因を知ることで予防をしやすくなりますが、つまりが完全になくなるわけではありません。もし、つまりが改善しない場合は、専門の業者に作業を依頼することをおすすめします。

2019.01.25(金)

内外装リフォーム・太陽光発電・土地活用のことは
アンサーへお気軽にお問い合わせ下さい!

047-712-0003
9:00~18:00
日曜日定休